【イヌリンとHMB】は効果ない・・

イヌリンとHMB,効果

 

>>最安値・65%OFFの公式キャンペーンはコチラ<<

 

イヌリンとHMBを配合したサプリメント・【イヌリンとHMB】が人気ですね。

 

イヌリンとHMB】は効果ない..という声もあるみたいですが、
効果がないことはないと思いますよ。

 

..というのも、イヌリンもHMBは現代を生きる人にとって、
必要でありながら、普段の食事からでは不足しがちな成分
だからです。

 

【イヌリンとHMB】はその名の通り、
イヌリンとHMBを補うためのサプリで、
サプリの内容、目的がハッキリしています。

 

あれもこれも入っているサプリもありますが、
そういうサプリは効果目的が曖昧になりがちで、
目的が曖昧だとサプリを飲んでも効果は期待できないと思います。

 

【イヌリンとHMB】はイヌリンとHMBを補うためのサプリです。

 

イヌリンとHMBの効果を把握して、
効果目的に合致したら、確信を持って購入したいですね。

 


【イヌリンとHMB】に期待できる効果とは?

イヌリンとHMB,効果

 

【イヌリンとHMB】の詳しいことは後で解説しますが、
期待できる効果をサラっと紹介します。

 

イヌリンに期待できる効果は..

 

・血糖値の上昇を抑える

 

・善玉菌のエサとなり腸内環境を良好に保つ

 

・中性脂肪を減らす

 

イヌリンは「天然のインスリン」とも呼ばれ、
とても注目を浴びている成分です。

 

 

HMBに期待できる効果は..

 

・筋肉の増強

 

・筋肉の修復

 

・筋肉の減少を抑制する

 

・加齢による筋肉減少の予防

 

簡単にHMBの効果を言うと「筋肉の分解、合成に関わる重要成分」です。

 

筋トレに励む人に人気のある成分でもあります。

 

腹筋女子なんて言葉もありますが、腹筋女子を目指す女性にも人気の成分です。

 

筋肉を増強し、筋肉減少を抑制することから、筋力がついて、筋肉がつくと基礎代謝力があがります。

 

基礎代謝力があがると減量につながるため、ダイエット成分としても注目されています。

 

 

さらに【イヌリンとHMB】の外せないポイントとして
「ビワ茶」「アイスプラント」「サラシア」「桑の葉」も
入っていることです。

 

イヌリンとHMB,効果

 

う〜ん!? 【イヌリンとHMB】もあれもこれも入ってる
曖昧なサプリなんじゃ..

 

そんなことはありません!

 

「ビワ茶」「アイスプラント」「サラシア」「桑の葉」の4つは
どれも効果目的がハッキリしています。

 

これら4つは糖対策の効果があるとして知られている成分です。

 

 

以上を踏まえると、まさに「糖対策」に特化した成分内容と言えるでしょう。

 

HMBは筋肉に関わる成分ですが、筋肉がつき、筋肉の減少を抑制することで、
基礎代謝を高く保つことが期待できます。

 

基礎代謝が高まると食べた分のエネルギーを消費しやすくなり、
結果的に「糖対策」につながります。

 

とくに加齢によって基礎代謝が低下すると、
食べた分のエネルギーを消費できない状況が生まれます。

 

基礎代謝は低下しているのに、
食べる量が若い頃と変わらなければ
肥満、さらには糖尿病のリスクが高まります。

 

【イヌリンとHMB】は糖対策をしたい人、
とくに加齢により筋力、基礎代謝が落ちている人には
最適なサプリといえるでしょう。

 

【イヌリンとHMB】は糖対策をしたい人、とくに加齢により筋力、基礎代謝が落ちている人に最適のサプリ

 

>>最安値・65%OFFの公式キャンペーンはコチラ<<


イヌリンとHMBについて詳しく解説

イヌリンとHMB,効果

【イヌリンとHMB】の主成分であるイヌリンとHMB、それぞれについて詳しく解説します。

 

イヌリンの効果とは?

 

イヌリンとは菊芋に含まれる水溶性の食物繊維のことです。

 

イヌリンは腸内で水分を吸収するとゲル状になり、
糖質の吸収を抑える作用があります。

 

そのため、血糖値の上昇を抑える効能があり、
「天然のインスリン」とも呼ばれます。

 

また血糖値を抑えることで中性脂肪を減らす効能もあります。

 

また腸内で善玉菌のエサにもなるため、
イヌリンを摂ることで良好な腸内環境を
保つ
ことに役立ちます。

 

イヌリンの効果をまとめると下のようになります。

 

・血糖値の上昇を抑える

 

・善玉菌のエサとなり腸内環境を良好に保つ

 

・中性脂肪を減らす

 

 

野菜のなかでイヌリンを1番多く含むのは菊芋で、
菊芋のイヌリンの含有量の多さは数ある野菜のなかでも
群を抜いています。

 

イヌリンとHMB,効果

菊芋は水溶性食物繊維・イヌリンを多く含むスーパーフードとして、
テレビなどで新聞やテレビなどでも紹介されています。

 

ですが菊芋は一般のスーパーでは置いてあることは少ないです。

 

菊芋の生産が盛んに行われている地方のスーパーなどでは
買うことができますが、全国のお店のどこでも買えるものではありません。

 

また置いてあったとしても、スーパーフードとしての人気もあって、
すぐに売り切れになってしまい、お値段も高めなことが多いようです。

 

HMBの効果とは?

イヌリンとHMB,効果

HMB (β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸) は必須アミノ酸であるロイシンの代謝産物です。

 

HMBは筋肉の合成、分解に深く関係しています。

 

HMBの効果をまとめると下のようになります。

 

・筋肉の増強

 

・筋肉の修復

 

・筋肉の減少を抑制する

 

・加齢による筋肉減少の予防

 

HMBの筋肉増量の効果については厚生労働省にも認められています。

 

「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」という厚生労働省が発表した報告書によると、
「無作為比較対象試験にて筋肉量が増えることが期待できる」
また「地域在住高齢者を対象としたテストで運動中にHMBを毎日3g補給することで、筋肉量の増加が期待できる」と
紹介されています。

 

 

HMBは筋肉の合成、分解に深く関わる成分でありながら、
食物を食べるだけではとても補えないものです。

 

HMBを体内で生成させるには、元となるロイシンを摂らなければなりません。

 

ロイシンは食物からしか摂ることができません。

 

食物からロイシンを摂ったとしても、
HMBの代謝に関係するのは、そのなかの僅か5%だけです。

 

つまりロイシンを多く含む青魚や肉類など多量に食べたとしても、
そのなかの5%だけしか、HMBの代謝に関与しないのです。

 

HMBは非常に有益でありながら、
摂るのが困難な成分である
と言えます。

 

だからこそ、HMBは注目を浴び、HMBのサプリメントも人気があるのです。

 

 

イヌリンとHMBについてどうでしたでしょうか。

 

イヌリンもHMBも非常に有益な成分でありながら、
手に入りにくい、または摂るのが困難な成分
です。

 

【イヌリンとHMB】で効果的な糖対策をしましょう。

 

>>最安値・65%OFFの公式キャンペーンはコチラ<<


更新履歴
page top